マスカラ

マスカラとつけまつげ、理想のまつげに近づけるならどっちを取る?

毎朝のアイメイクに時間を取られて、アイメイクが手軽にできる方法ってないの?と試行錯誤している女性は多いのではないでしょうか?また、アイメイクは女性にとって顔の印象を左右する非常に大切なものですね。アイメイクの出来が悪い日は、なんだか気分が乗らないなんていう人も少なくないのではないでしょうか。

そんな方の中には、つけまつげにすれば、もしかするとアイメイクが手軽に出来るようになるのかも?っとつけまつげへの関心が高い方もいるようです。そこで、ここではつけまつげを使用する場合とマスカラでアイメイクを行う場合のメリットでデメリットを比較してみたいと思います。

まずは、つけまつげです。つけまつげのメリットは、まつげのカールなどは固定されているものですので、つけまつげをつけることに慣れれば毎日同じカールのアイメイクを作ることができることす。汗や涙でにじんでしまうこともなく、一日中おなじカールを維持することができるのは大きなメリットです。また、自分のまつげの長さが短かったり、ボリュームがないという人でもつけまつげならば長さやボリュームの調節が自在にできますので、マスカラではでいなかったデザインを作ることもできます。つけまつげは根元部分がついているため、アイラインの効果もあり上手につければアイメイクの手間は大幅に省けることになるでしょう。

ではデメリットはというと、きれいにつけられるようになるには慣れが必要ではじめのうちはマスカラの方が楽だと感じる方も多いところです。また、ノリで装着するために肌が弱い方は使えなかったり、かぶれてしまう方がいるのも問題な点です。費用面でもマスカラに比べればつけまつげはほとんど使い捨てになりますので費用がかかります。ただし、通販などで安いものを大量に購入すればそれほどの費用負担がなくつけまつげを利用できる方法もあるようです。

一方のマスカラはというとメリットは一度購入すれば長く使えるものも多く、リーズナブルで誰でも手軽に楽しめるアイメイクである点です。つけまつげに比べればはじめてマスカラを使うという人でも特別なテクニックが必要なわけではなく、基本的な使い方なら誰でも簡単に使うことができます。

また、つけまつげとマスカラを併用して使う人もいます。つけまつげを使ってカールを作り、つけまつげと自分のまつげを馴染ませてカールを自然に見せるためにマスカラを使うという方法です。ビューラーとマスカラだけでカールもボリュームも作りこんでいくよりは、慣れればアイメイクの手間が省けます。

どんな方法が自分にあっているかは個人差があると思いますが、自分にあうアイメイクはどんな方法なのか、メリットをデメリットを比較して検討してみてください。


このページの先頭へ