マスカラ

トップコートマスカラでマスカラメイクを一日中綺麗にキープしよう

ネイルであれば、マニキュアを塗った後にトップコートで仕上げをしているという人は多いと思うのですが、マスカラにもトップコートがあることをご存知ですか?トップコートマスカラを使用するのは、ネイルの時と同じ感覚です。塗ったマスカラを保護して持ちをよくし、また綺麗な状態をキープするための仕上げとして塗るという意味があります。

トップコートマスカラはほとんどの場合透明で、いつも通りマスカラを塗った後に軽く乾かしてから仕上げとしてトップコートマスカラを塗ります。ネイルの仕上げにトップコートを塗る時と、使い方としても同じようにイメージしてください。

透明なのであれば、透明マスカラとは違うの?と思う人がいると思いますが、透明マスカラとは機能が全く違います。透明マスカラの場合には文字通り、ただ透明のマスカラですので、普通のマスカラの透明版です。色つきのマスカラだと目力が出すぎてしまう人や、仕事がらあまりアイメクができないという人がアイメイクをナチュラルな仕上がりにしたい時には便利なアイテムです。しかし、トップコートマスカラの場合には、この透明マスカラとは持っている機能も使う意味も違っています。

トップコートマスカラの機能として一番重要なものは、マスカラをにじみにくくすることです。マスカラを使ってアイメイクをしている人ならば、マスカラのにじみが気になるという人は多いことでしょう。耐水性のあるマスカラはありますが、耐水性のある専用のマスカラを使うのではなく、あくまで自分のいつも使っているお気に入りのマスカラを使った上でにじみにくくしたいという希望をトップコートマスカラならばかなえてくれます。トップコートはマスカラを上からコーティングし、にじみにくくする効果があるのです。また、マスカラを塗ってまつげをメイクしても、時間がたつうちにカールが下がってきてしまうという人がいます。トップコートには、このカールをキープする機能もあり、朝仕上げたカールをその日一日キープするサポートをしてくれます。

マスカラだけではカールが一日維持でいないという人もトップコートを使うことでカールのサポートをすることができるのです。

アイメイクにワンステップ加えるだけで、メイク直しの手間が省けて一日綺麗にまつげをカールさせておくことができます。ワンステップ加えることが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、にじんだり、カールがだれてしまったまつげのメイク直しにはかなりの手間がかかりますので、その手間がはぶけることを考えれば決して面倒なものではないのではないでしょうか。

トップコートマスカラを使ったことがないという人は、まずは一度試して、使わない場合との違いを比較してみてください。


このページの先頭へ