マスカラ

下まつげ用マスカラはアイメイクが苦手な不器用さんにもおすすめ

下まつげ用のマスカラというのは、普通のマスカラと成分が違っているというわけではありません。基本的には普通のマスカラと同じものなのですが、では何が違うのかといえばマスカラコームの形状が下まつげに使いやすいものになっているのです。それだけの違いかと思うかもしれませんが、いつも下まつげのメイクが思うとおりにならないという不器用さんなどには、専用のものはとくにおすすめです。

下まつげは上まつげに比べて長さが短いですので、ついつい下まぶたなどにマスカラをつけてしまうという経験は誰でもしていることと思います。ついたら拭けばいいというものではなく、マスカラがまつげ以外のところについてしまうのは案外やっかいなのです。拭いても黒っぽい跡がのこってしまったり、強くこすると拭いた部分だけファンデーションが落ちてしまったり、修正するのには結構な手間がかかります。また、マスカラをまぶたにつけてしまうことが日常的になっていると、目の健康のためにもよくない場合もあります。

また、普通のマスカラの大きなコームで下まつげにマスカラをつけた場合、マスカラがつきすぎてしまうという場合もあります。下まつげのマスカラはかわいいのですが、つけ過ぎると目の周りが真っ黒な印象になってパンダのようなメイクになってしまったり、ロリータ風の印象になってしまったりということもありますので、適量をつけるということは大切なのです。

下まつげのマスカラはどうも苦手だという人はいないでしょうか?そんな人におすすめなのは、やはりマスカラコームが小さな下まつげ用のマスカラです。メーカーによっても違いますが普通のマスカラの半分以下の大きさのものが多く、中には毛のないタイプのものなど、下まつげにマスカラを塗りやすい形状の商品がたくさんあります。

普通の大きさのものを使い慣れている人にしてみれば、はじめは逆に使いにくいと感じることもあるかと思いますが、小さいヘッドに慣れれば普通のマスカラを使うよりも細かいニュアンスが出しやすくなりますので、下まつげでもニュアンスを調整してより好みのアイメイクができるようになります。

また、もう一つおすすめなのは、下まつげ用の無色のマスカラです。これは下まつげにしっかりマスカラをつけてしまうと目力がアップしすぎてしまう人もおすすめです。下まつげをしっかりとメイクしつつも、無色ですので印象が強くなりすぎず、自然な感じに仕上げることができます。

下まつげのアイメイクが不器用でいつも上手にできないという人は、下まつげ専用のものを使えば普通のマスカラを使うよりも使いやすいはずですので、是非とも試してみていただきたいと思います。下まつげ専用にも色々な種類がありますので、色々試してお気に入りを見つけてください。


このページの先頭へ