マスカラ

パンダ目対策にはベースメイクの見直しも効果的な方法の一つ

朝は綺麗にアイメイクをしていたのに、時間が経つにつれて下まつげのマスカラがにじんでパンダ目状態になってしまうという悩みを持っている女性は多いのではないでしょうか。

特別に汗をかいたわけでも、水に塗れるような機会があったわけでもないのに、自然とマスカラがにじんで気がついた時にはパンダにということになってしまう人がいます。同じマスカラを使っていても、ある人は大丈夫なのに、自分はパンダになってしまうという人もいますので、なぜ?っと疑問に感じている人もいることでしょう。

同じ商品を使っていてもにじみ具合に個人差があるのは、皮脂の量に個人差があるためと考えられます。特に汗をかいたことや水に塗れたということでないのであれば、マスカラがにじんでしまう原因は皮脂によるものです。目元の皮脂によってまつげについているマスカラが溶け出して、時間の経過とともににじみが出てしまうというわけです。

マスカラがにじみやすいという人は、目元の皮脂について意識をしてメイクしてみることでパンダ化が完全される場合もありますので参考にしてください。

まず、マスカラがにじんでパンダ化しやすい人は、ベースメイクとして乳液などの油分の多いものを使っていないかどうか考えてみてください。目元のベースメイクを油分の多いものからウォーターベースのものに変えることでマスカラのにじみが軽減されることがあります。また、皮脂は肌の乾燥によって分泌量が増えますので、目元の保湿をしっかり行って皮脂が浮いてくることをコントロールすることでもマスカラのにじみを改善できる可能性がありますのでお試しください。

しかし、こうしたベースメイクの見直しをしても、それでもにじんでしまうという人はいます。そんな場合には、パンダ目になりにくい、にじみにくいマスカラにマスカラそのものを変えるという方法があります。

毎日使うマスカラとしてウォータープルーフではまつげや肌への負担が大きくなってしまいますが、耐水性がありにじみにくい性質がありながらまつげや肌にやさしいフィルムタイプマスカラならば日常使いをすることもできます。にじみには強いのですが、洗い流すときにはお湯で簡単に落とせることから普通のマスカラと変わりなく使うことができますので、フィルムマスカラに変えてみるというのはおすすめの方法です。

もし、使い慣れているマスカラから種類を変えたくないという場合には、トップコートマスカラを使ってマスカラを上からコーティングすることでもにじみを防いでパンダ化を防止することができます。トップコートならいつもと同じようにマスカラを塗った上から塗るだけですので、それまでのマスカラの仕上がりと変わりなく使用することができます。

また、単純にマスカラの種類を変えるだけでもにじまなくなる場合もありますので、是非色々試してみてください。


このページの先頭へ