マスカラ

まずは基本から。マスカラを上手に塗るコツをご紹介!!

女性の顔の印象はアイメイクによって決まるといっても過言ではありませんが、マスカラはそのアイメイクの印象を左右する重要なポイントです。しかし、失敗するとダマになってボテっとした印象になってしまったり、思うとおりのアイメイクがなかなかできないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

ここでは、アイメイクを上手に仕上げるために、まずはマスカラの基本的な塗り方をご紹介します。まずは基本的な塗り方を覚えて、そこから自分流のアレンジを加えていきましょう。

まず、マスカラを塗り始める前にその他のアイメイクは終わらせてからマスカラを塗るのが基本中の基本です。マスカラをつけてしまってから他のアイメイクをするのは難しいですし、せっかく綺麗につけたマスカラが台無しになってしまうこともありますので、必ずマスカラはアイメイクの最後に塗るようにしましょう。

マスカラを塗る時には、まつげをビューラーで綺麗にカールさせて、またコームでまつげの流れを整えてから塗るようにします。カールしていない状態のまつげをマスカラだけでカールさせることはできませんので、しっかりと下準備をしてからマスカラを塗りはじめます。

上まつげへの塗り方は、マスカラをまつげの根元にあてて毛先へ向かって塗っていきます。この時に、マスカラのコームを左右に軽くゆするようにして毛先へ動かすとダマになりにくく、また毛先が綺麗に開きやすくなります。マスカラは根元から当てていきますが、この時にまぶたにコームが接触しないように注意しましょう。コームがまぶたについてしまうと、見た目が美しくないとともに、目にマスカラが流れ込むなど目の健康にも悪影響があります。

マスカラを塗る時には、根元から毛先へ向けて動かしますが、この時にまつげは扇方になっていることを意識して塗るようにしてください。単純に下から上へという動きを繰り返すとまつげ全体の形のバランスをとることができません。マスカラは扇方の毛流れにそって角度を変えて動かすことが大事です。

下まつげに塗る時も基本は同じですが、下まつげは短くまぶたにコームが接触しやすくなりますので、マスカラのコーム全体を使わずに、先端の一部分を使って3ブロックくらいに分けて塗るようにすると綺麗につけられます。また細かい部分はマスカラのコームをたてにしてまつげ一本一本にマスカラをのせるようなイメージで塗ると綺麗に塗ることができます。

まつげは全体を均一に伸ばすのではなく、目尻を強調したり目頭を強調すると印象が大きく変わります。一般的には、目尻を強調するとよりかわいらしく女性的に、目頭を強調するときりっと知的な印象になるといわれています。基本の塗り方をマスターしたら、自分のぴったりあうアレンジの方法にも挑戦してみてください。


このページの先頭へ