マスカラ

まつげを痛めずに上手にマスカラをオフするコツをご紹介

クレンジングで綺麗にメイクを落としたつもりが、ふと気づいてみるとまつげにまだマスカラが残っている感じがするという人はいませんか?ちょっとくらい残っていてもいいかと甘くみている人も多いかもしれませんが、肌やまつげの健康のためには、一日の終わりにアイメイクをしっかりと落としてあげることが必要です。

みなさんはアイメイクをオフする時に、どんな方法でクレンジングをしていますか?ここでは特にマスカラに的をしぼって、まつげを痛めずにマスカラを上手にオフする方法をご紹介します。

まず、クレンジングの方法として一番多いのは、手にクレンジングを取り全体的に顔に馴染ませて洗い流すという人ではないかと思います。しかし、このクレンジング方では、残念ながらマスカラはしっかりとオフできていないという人がほとんどです。最近のマスカラは専用のリムーバーなどを使わなくても簡単に落とせるものが増えてきてはいますが、アイメイクはやはりアイメイクを落とすことを意識してクレンジングをしなくてはしっかりとは落とすことができませんので注意をしてください。

まずは自分の使っているマスカラの落とし方をしっかりと考えて見ましょう。まず、ウォータープルーフのマスカラを使っている場合には、これは専用のリムーバーでなくては落とすことができませんので、専用のリムーバーを使いましょう。ウォータープルーフのマスカラを使っているにも関わらず、普通のクレンジングでしか洗っていないという人もいますが、それではまつげに落ちきらないマスカラが積もっていくことになりまつげに相当な負担をかけます。ウォータープルーフのマスカラを使っている人は必ず専用のリムーバーを使ってください。

それ以外のマスカラを使っている人でも、マスカラには商品によってオフしやすいものとそうでないものがありますので、自分の使っているマスカラがどうなのかについてはしっかり観察をするようにしてください。

基本的なクレンジングの方法としては、オイルタイプのクレンジングを使うのがおすすめです。マスカラをしっかりと塗っている場合にはジェルやクリームタイプでは十分に落とせない場合があります。オイルクレンジングをしっかりと目元に馴染ませ、まつげ一本一本を毛の流れに沿ってなでるようにして丁寧に洗いましょう。そして、目元以外の部分にもクレンジングを馴染ませて少し時間を置いてから洗い流します。目元をクルクルをまわすように洗う人がいますが、まつげが抜ける原因になることもありますので、毛の流れに沿ってなでるように洗いましょう。

これで落ちにくい場合には、コットンにクレンジングを含ませてまつげの下からあて、更に上から麺棒でやはり毛の流れにそってなでるようにしてオフする方法もあります。

まつげのためにもマスカラはしっかりとオフしてあげるようにしましょう。


このページの先頭へ