マスカラ

マスカラを使ってまつげを一日カールさせるメイクのコツ

くりんと上を向いてカールしたまつげというのは女性の憧れです。しかし、自まつげが上を向いてくりんとカールしているという人は残念なことにそれほど多くはありません。そのため、女性は様々な方法でまつげをカールさせて憧れの目元を手に入れるために苦労をしているわけです。

しかし、せっかく苦労をしてつくった理想のカールなのに、時間が経ってみてみたらいつのまにか元に戻ってしまっているということで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。まつげをカールして理想の目元にメイクすることは案外簡単でも、それを一日キープするということはなかなか難しいのです。

ここでは、カールを重視してアイメイクを行う人のまつげのカールを一日キープして、一日中理想の目元で過ごすためのコツをご紹介します。

まず、大切なことはマスカラを塗る前にしっかりとビューラーでカールを作っておくことです。その上で、マスカラはカールタイプのものを選びましょう。マスカラは根元から上へ押し上げるように、しっかりと塗ることが必要です。根元にマスカラがついていないと、先端にむかってマスカラがついてる重みでカールはだんだんと下がってきてしまうからです。ただし、根元からつけようとするあまり、まぶたにマスカラがつかないように注意をしてください。

自まつげの長さに対して無理に長さを出そうとすると、重さでカールがだれてしまう原因になりますのでカールを重視するならば長さは適度に抑えておくこともコツの一つです。また、最近耐水性があることで人気のフィルムタイプますからも、つけ心地が軽いのが特徴ですがその分カールのキープ力が若干劣りますので避けたほうがいいでしょう。

まつげの形は、扇方になっていまうので、マスカラをつけるときにはまつげを扇方に自然な形で開くようにしてカールを作るのがポイントです。つき方や広げ方が均等ではない場合には綺麗にカールして見えないこともありますので、均一につけてカールを作りましょう。

しっかりと好みのカールが作れたら、トップコートを使うようにするとよりカールのキープ力がアップします。トップコートは先に塗ったマスカラがある程度乾燥した後に上からコーティングするようにして塗ると、カールの形を形状記憶してくれるような効果がありますのでおすすめです。

カールを意識して、これらの方法でアイメイクを行えば、お気に入りのカールで一日を過ごすことも難しいことではありません。うまくいかない場合には使っているマスカラやトップコートの種類を変えてみることや、ビューラーをホットビューラーに変えてしっかりカールを作ることでカールのキープ力があがることもありますので、色々試してみてください。


このページの先頭へ