マスカラ

マスカラブラシの形を比較!!こんなまつげはこのブラシで作ろう

マスカラでアイメイクをした時に仕上がりを左右するものの一つに、マスカラのブラシの形状の差というポイントがあります。マスカラを選ぶ時には、マスカラそのものの性能にばかり気をとられがちですが、実はブラシの形状によってマスカラの仕上がりは大きく変わりますので、ブラシにもこだわってマスカラを選ぶようにすると、より理想のアイメイクに近づけることができます。

マスカラのブラシの形状には、大きく分けて5種類の形があります。メーカーなどによって細かい差はありますが、大まかにこの5タイプの特徴を抑えておけば、だいたいは5タイプのどれかに順ずる形になっていますので、参考にしてください。

まず、オーソドックスな形がアーチ型になっているブラシです。ブラシの形が扇方のまつげの形状に沿うようにアーチ型になっています。マスカラのブラシの中では一番多い形状だと思います。このタイプはまつげの長さを出したい時や、カールを強調したい時には使いやすい形状のブラシです。上まつげにも下まつげにもオールマイティに使えるタイプです。

アーチ型によく似た形ですが、ブラシ部分が極太になっている極太タイプのブラシというのもあります。まつげの扇方に沿うようにアーチ型になっているところではアーチ型とよく似ているのですが、アーチ型に比べてブラシの毛の量も多く、全体的に太いブラシがこの極太タイプです。ボリューム感を出したい時にはこの極太タイプが効果的なのですが、このタイプは下まつげには使いにくいという弱点もあります。

次がひょうたん型タイプです。ブラシの形状がひょうたん型になっていて、真ん中がくぼんだ形になっています。まつげの左右を持ち上げるようにしてカールを出しながら長さを強調していくようなメイクには使いやすい形状といえます。ひょうたん型の先端部分だけを使って細かいニュアンスを出すなど、下まつげや細かいニュアンスメイクにも使用できます。

ここからは毛がないタイプです。コームタイプは、名前の通りブラシではなくマスカラがコームの形になっています。まつげを一本一本に開かせることができ、ダマになりにくいためパッチリとしてまつげをつくることができます。まつげを一本一本綺麗にカールさせて開かせることができますが、ブラシタイプに比べてなれるまでは使いづらいという人もいます。コームが大きいと下まつげには使いにくい弱点もあります。

最後がコイルタイプです。こちらも毛なしで、マスカラの先がコイル型になっています。コームタイプ同様にまつげ一本一本にマスカラをのせて細かいメイクができ下まつげにも便利に使えますが、ボリュームをだしたい場合にはあまり向かないタイプです。

自分の好みのアイメイクに仕上がるように、最適な形状のものを選んでみてください。


このページの先頭へ