マスカラ

諦めないで!!乾燥したマスカラは簡単な方法で復活します

毎日アイメイクをするという人であれば、マスカラが乾燥してしまうという機会はそうそうあることではないと思いますが、たまにしかアイメイクをしない人や特別なメイクをする時にしかアイメイクをしないという人もいます。たまにしかアイメイクをしないという人の場合、いざ使おうと思った時にマスカラが乾燥して固まってしまっていたということは実はよくあるトラブルなのです。

使いたい時にマスカラが固まってしまっている、こんな時にあなたならどうするでしょうか。

実は固まってしまったマスカラというのは、案外簡単な方法で復活します。乾燥がそこまで深刻な状態でなければこの復活技を試していただくだけでその先にしばらくはお使いいただくことができると思いますし、乾燥が深刻な場合でもその日一回分のメイクくらいはなんとか持ち直してもらうことができます。いざという時にマスカラが固まってしまっていて困ったという時には、ぜひこの復活技をお試しください。

では、復活技とは、どんな技かをご紹介します。

まず、マスカラが固まっている状態というのがどういう状態かについて簡単に説明します。マスカラ液はどんなものでできているかというと、顔料、水、ワックス、保存料などでできているのが一般的です。固まっている状態というのは、この中の水分が蒸発してしまい、さらにはワックス、つまり油分が固まってしまったいる状態だと思ってください。

固まったマスカラを復活させる技の一つめは、マスカラ本体を温めることで固まってしまった油分を溶かすことです。コップなどにお湯をはって、そこに少しの間マスカラをつけておいてから使用してみましょう。これによって固まっていた油分がとけて、固まっていたマスカラが粘り気を取り戻します。

また、温めても固まっている状態があまり変化がないという場合には、乾燥が進んでいてマスカラ液に粘り気をだす水分や油分が足りなくなっている状態です。この場合には、もう一つの復活技を試してみましょう。それが、蒸発してしまった水分や油分を足してあげる方法です。

メイク用オイルや、メイク用オイルがない場合にはクレンジングオイルでもかまいません。少量をマスカラの容器にたらしてブラシでよくかき混ぜます。混ぜる前に復活技の一つ目、容器を温めて固まった油分を溶かしておいてから行った方が効果的です。オイルは入れすぎると分離してしまいますので、少量ずつ足して様子を見ながら固まったマスカラを復活させましょう。

また、固まったマスカラを復活させるものとしては、専用の薄め液というのも販売されています。マスカラが固まってしまいがちという人ならば自宅に一本置いておいてもいいかもしれません。

マスカラは固まっても復活できます。買っては固まって捨ててということを繰り返している人もいますが、諦めずに復活業を試してみてください。


このページの先頭へ