マスカラ

ウォータープルーフに変わる新タイプはフィルムタイプマスカラ

マスカラは汗や水分に弱く、スポーツをする時や水に入るようなときには流れ落ちてしまうという弱点があります。それを克服し、水に強いマスカラとして長年人気になっていたのがウォータープルーフのマスカラでした。ウォータープルーフのマスカラならば水に塗れても簡単に流れて落ちてしまうことはありませんので、運動をする人や海水浴に行く時など、水にぬれる機会がある時にはとても便利なものです。実際に水に塗れてもカールが長持ちしますし、目の周りが真っ黒になってしまうということもほとんどありません。

しかし、このウォータープルーフにも弱点はありました。まず、オフする際には専用のリムーバー以外ではオフすることができない点です。水にぬれても落ちない代わりに、いざ落とそうと思っても落ちづらく、まつげへの負担も大きかったのです。また専用のリムーバーによる肌への負担も問題でした。さらに、ウォータープルーフマスカラは水には強いかわりに油ではにじみやすく、皮脂の多い肌タイプの人が使用した場合にはにじみやすいという弱点もあったのです。

そこで、ウォータープルーフに代わって、水に強いマスカラとして注目を集めているのが、フィルムタイプマスカラです。フィルムタイプマスカラとは、マスカラを塗った後に乾かすとまつげの表面に耐水性のフィルムができ、水に塗れてもにじみにくいというタイプのマスカラです。ウォータープルーフに比べてまつげや肌への負担が軽く、さらには専用のリムーバーなどを使わなくてもお湯で簡単に落とすことができるのが特徴です。ウォータープルーフのマスカラがなかなか落ちないためにゴシゴシ洗っているとまつげが抜けてしまったという経験がある人もいると思いますが、フィルムタイプのマスカラは簡単に落ちますのでそうした苦労やトラブルもありません。

つけ心地が軽い分、これまでのウォータープルーフにくらべると若干カールをキープする性能に劣る部分もあるのですが、それを補ってあまりあるだけの使い勝手のよさから、耐水性のあるマスカラとしてはこのフィルムタイプが人気を集めるようになっています。

簡単にお湯で落とせるマスカラで本当ににじみにくいのかと不安に感じる人もいると思いますが、乾くと耐水性のフィルムを作るという性能は確実で、汗やちょっと水に塗れたくらいではビクともしないので安心です。

また、これまでは日常使いのマスカラとウォータープフールのマスカラは使用する場面を確実に区別しているという人が多かったと思いますが、フィルムタイプマスカラは使用感が軽く落とす際にも手軽なことから日常使いのマスカラとして使用している人も好くなくありません。

日常使いのマスカラをフィルムタイプマスカラにしておけば、急に汗をかいたり、雨に塗れたり、涙を流すような機会があったとしてもマスカラがにじんだりで目の周りが真っ黒になるなんていう心配は必要なくなります。


このページの先頭へ