マスカラ

夜、マスカラ感覚でつけるだけのまつげ用美容液と育毛剤

アイメイクを綺麗に仕上げるためには、まつげのメイクというのはかなりキーポイントになります。しかし、マスカラを使って綺麗にメイクをしようにも、自分のまつげの長さが足りなかったり、ボリュームが足りない場合にはなかなか思うとおりのアイメクができない場合もあります。

そんな場合にはつけまつげや、まつげエクステを使う方法もあるのですが、どちらもグルーと呼ばれるノリで接着をする必要がるために肌が弱い人は使えない場合もあります。また、これらの方法は費用もかかることから、あまり費用をかけたくないという人にとっては最適の方法とはいえません。

そんな人もおすすめなのが、夜、寝る前にマスカラをつけるような感覚でまつげの塗るだけで、自分のまつげの長さをアップしたりボリュームを増やしたりできる画期的なアイテムです。それは、まつげ用美容液や育毛剤なのですが、長さやボリュームを出すだけでなく、まつげを健康な状態にしてハリをだし、カールを作りやすくしたりという効果も期待できまうす。

睫毛の美容液、育毛剤には色々な商品が発売されています。特に育毛剤には医薬品と化粧品がありますが、どちらにしても使い方は簡単で、マスカラを塗る時のような要領でまつげや根元に塗るだけです。多くの商品はマスカラのようなブラシではなく先端がスポンジになっていますので、スポンジをちょんちょんとつけていくだけで寝ている間にまつげのケアができます。

しかし、使い方が簡単だからこそ効果的な使い方を意識して使うことも大切です。

まつげの美容液や育毛剤を効果的に使うためには、基本的なことですがケアを毎日根気強く行うことが必要です。まつげにも髪の毛と同じように毛周期というものがあり、一ヶ月程度の周期で生え変わっていますので、最低でもその毛周期一回は続けて使ってみなくては効果は分かりません。使い始めてすぐには効果が見えなくても続けてケアを行ってください。焦らず根気よくケアを続けましょう。また、ケアを忘れがちになれば効果もでにくくなります。スキンケアを行うのと一緒に、まつげのケアも行うことを習慣化してしまうのが忘れずにケアをする一番確実な方法です。

また、まつげ美容液や育毛剤は必ず洗顔の後に使いましょう。脂や汚れはせっかくの美容液や育毛剤の吸収を妨げてしまいます。また、目に近いまつげ塗るものですので、美容液や育毛剤を清潔に保つためにも洗顔をして清潔な状態のまつげに使用することが大切です。

ケアを行えば自まつげの状態は変わってきます。自まつげが変わればアイメイクの仕上がりにも差が出ますので、まつげ美容液や育毛剤をつかった自まつげのケアに是非挑戦してください。


このページの先頭へ