マスカラ

マスカラを使ってまつげを一日カールさせるメイクのコツ

くりんと上を向いてカールしたまつげというのは女性の憧れです。しかし、自まつげが上を向いてくりんとカールしているという人は残念なことにそれほど多くはありません。そのため、女性は様々な方法でまつげをカールさせて憧れの目元を手に入れるために苦労をしているわけです。

しかし、せっかく苦労をしてつくった理想のカールなのに、時間が経ってみてみたらいつのまにか元に戻ってしまっているということで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。まつげをカールして理想の目元にメイクすることは案外簡単でも、それを一日キープするということはなかなか難しいのです。

ここでは、カールを重視してアイメイクを行う人のまつげのカールを一日キープして、一日中理想の目元で過ごすためのコツをご紹介します。

まず、大切なことはマスカラを塗る前にしっかりとビューラーでカールを作っておくことです。その上で、マスカラはカールタイプのものを選びましょう。マスカラは根元から上へ押し上げるように、しっかりと塗ることが必要です。根元にマスカラがついていないと、先端にむかってマスカラがついてる重みでカールはだんだんと下がってきてしまうからです。ただし、根元からつけようとするあまり、まぶたにマスカラがつかないように注意をしてください。

自まつげの長さに対して無理に長さを出そうとすると、重さでカールがだれてしまう原因になりますのでカールを重視するならば長さは適度に抑えておくこともコツの一つです。また、最近耐水性があることで人気のフィルムタイプますからも、つけ心地が軽いのが特徴ですがその分カールのキープ力が若干劣りますので避けたほうがいいでしょう。

まつげの形は、扇方になっていまうので、マスカラをつけるときにはまつげを扇方に自然な形で開くようにしてカールを作るのがポイントです。つき方や広げ方が均等ではない場合には綺麗にカールして見えないこともありますので、均一につけてカールを作りましょう。

しっかりと好みのカールが作れたら、トップコートを使うようにするとよりカールのキープ力がアップします。トップコートは先に塗ったマスカラがある程度乾燥した後に上からコーティングするようにして塗ると、カールの形を形状記憶してくれるような効果がありますのでおすすめです。

カールを意識して、これらの方法でアイメイクを行えば、お気に入りのカールで一日を過ごすことも難しいことではありません。うまくいかない場合には使っているマスカラやトップコートの種類を変えてみることや、ビューラーをホットビューラーに変えてしっかりカールを作ることでカールのキープ力があがることもありますので、色々試してみてください。

お湯で落とせるマスカラは本当に水では落ちないの?

耐水性のあるマスカラとして、ウォータープルーフマスカラに代わって人気を集めているのがフィルムタイプマスカラです。これまでのウォータープルーフマスカラは耐水性には優れていましたが、専用のリムーバーでなければ落とすことができないことや、まつげや肌に負担が大きいことが問題でした。また、これらの問題から日常使いには向かず、日常生活の中での防水という意味ではイマイチ効果を発揮できずにいたのです。

それが、フィルムタイプマスカラが登場したことによって、日常生活の中での防水という部分は大きく変わりました。フィルムタイプマスカラはウォータープルーフマスカラと違ってまつげや肌への負担も軽いことから日常使いをすることができます。また、特に専用のクレンジングなどをつかわなくてもお湯で洗い流すことができるとして、メイクオフの手軽さからも人気を集めています。

しかし、お湯だけで洗い流せるマスカラが本当に水では落ちないのかということを疑問に感じている人は多いようなのです。

フィルムタイプマスカラは、塗った後に乾燥すると表面に耐水性のある膜ができます。この膜によって防水効果が生まれるのです。水だけでなく、汗や皮脂にも強いためにじみにくく、日常生活の中の様々な場面で効果を発揮してくれます。お湯で落ちる仕組みは、乾燥した後にできた耐水性の膜がお湯でふやけるため、お湯で洗えばふやけて簡単に落とすことができるようになっています。

非常に高い耐水性をもっていますが、お湯で落ちますので、温水プールなどでは落ちてしまう可能性もあります。注意をしてください。

疑問に感じている方は多いようですが、お湯では落ち、水では落ちないのがフィルムタイプマスカラの特徴です。信じられないという人はぜひ実際に商品を手にとって試してみてほしいと思います。

お湯で落ちるマスカラの登場は、まつげエクステを愛用している人の間でも大変重宝がられています。

まつげエクステをつけている状態でも、マスカラなどのアイメイクをすることができるのですが、まつげエクステはオイルクレンジングとの相性が悪く、まつげエクステを長持ちさせるためには、エクステがついている間はオイルクレンジングが使えません。しかし、マスカラをしっかりつけた場合には、オイル以外のクレンジングではしっかりメイクをオフすることが難しい場合もあります。しかし、このフィルムタイプマスカラならばお湯で洗い流せますので、エクステをつけている人でもしっかりとマスカラを洗い流すことができるのです。

フィルムタイプマスカラは非常に便利なアイテムです。是非ともお試しください。

夜、マスカラ感覚でつけるだけのまつげ用美容液と育毛剤

アイメイクを綺麗に仕上げるためには、まつげのメイクというのはかなりキーポイントになります。しかし、マスカラを使って綺麗にメイクをしようにも、自分のまつげの長さが足りなかったり、ボリュームが足りない場合にはなかなか思うとおりのアイメクができない場合もあります。

そんな場合にはつけまつげや、まつげエクステを使う方法もあるのですが、どちらもグルーと呼ばれるノリで接着をする必要がるために肌が弱い人は使えない場合もあります。また、これらの方法は費用もかかることから、あまり費用をかけたくないという人にとっては最適の方法とはいえません。

そんな人もおすすめなのが、夜、寝る前にマスカラをつけるような感覚でまつげの塗るだけで、自分のまつげの長さをアップしたりボリュームを増やしたりできる画期的なアイテムです。それは、まつげ用美容液や育毛剤なのですが、長さやボリュームを出すだけでなく、まつげを健康な状態にしてハリをだし、カールを作りやすくしたりという効果も期待できまうす。

睫毛の美容液、育毛剤には色々な商品が発売されています。特に育毛剤には医薬品と化粧品がありますが、どちらにしても使い方は簡単で、マスカラを塗る時のような要領でまつげや根元に塗るだけです。多くの商品はマスカラのようなブラシではなく先端がスポンジになっていますので、スポンジをちょんちょんとつけていくだけで寝ている間にまつげのケアができます。

しかし、使い方が簡単だからこそ効果的な使い方を意識して使うことも大切です。

まつげの美容液や育毛剤を効果的に使うためには、基本的なことですがケアを毎日根気強く行うことが必要です。まつげにも髪の毛と同じように毛周期というものがあり、一ヶ月程度の周期で生え変わっていますので、最低でもその毛周期一回は続けて使ってみなくては効果は分かりません。使い始めてすぐには効果が見えなくても続けてケアを行ってください。焦らず根気よくケアを続けましょう。また、ケアを忘れがちになれば効果もでにくくなります。スキンケアを行うのと一緒に、まつげのケアも行うことを習慣化してしまうのが忘れずにケアをする一番確実な方法です。

また、まつげ美容液や育毛剤は必ず洗顔の後に使いましょう。脂や汚れはせっかくの美容液や育毛剤の吸収を妨げてしまいます。また、目に近いまつげ塗るものですので、美容液や育毛剤を清潔に保つためにも洗顔をして清潔な状態のまつげに使用することが大切です。

ケアを行えば自まつげの状態は変わってきます。自まつげが変わればアイメイクの仕上がりにも差が出ますので、まつげ美容液や育毛剤をつかった自まつげのケアに是非挑戦してください。

パンダ目対策にはベースメイクの見直しも効果的な方法の一つ

朝は綺麗にアイメイクをしていたのに、時間が経つにつれて下まつげのマスカラがにじんでパンダ目状態になってしまうという悩みを持っている女性は多いのではないでしょうか。

特別に汗をかいたわけでも、水に塗れるような機会があったわけでもないのに、自然とマスカラがにじんで気がついた時にはパンダにということになってしまう人がいます。同じマスカラを使っていても、ある人は大丈夫なのに、自分はパンダになってしまうという人もいますので、なぜ?っと疑問に感じている人もいることでしょう。

同じ商品を使っていてもにじみ具合に個人差があるのは、皮脂の量に個人差があるためと考えられます。特に汗をかいたことや水に塗れたということでないのであれば、マスカラがにじんでしまう原因は皮脂によるものです。目元の皮脂によってまつげについているマスカラが溶け出して、時間の経過とともににじみが出てしまうというわけです。

マスカラがにじみやすいという人は、目元の皮脂について意識をしてメイクしてみることでパンダ化が完全される場合もありますので参考にしてください。

まず、マスカラがにじんでパンダ化しやすい人は、ベースメイクとして乳液などの油分の多いものを使っていないかどうか考えてみてください。目元のベースメイクを油分の多いものからウォーターベースのものに変えることでマスカラのにじみが軽減されることがあります。また、皮脂は肌の乾燥によって分泌量が増えますので、目元の保湿をしっかり行って皮脂が浮いてくることをコントロールすることでもマスカラのにじみを改善できる可能性がありますのでお試しください。

しかし、こうしたベースメイクの見直しをしても、それでもにじんでしまうという人はいます。そんな場合には、パンダ目になりにくい、にじみにくいマスカラにマスカラそのものを変えるという方法があります。

毎日使うマスカラとしてウォータープルーフではまつげや肌への負担が大きくなってしまいますが、耐水性がありにじみにくい性質がありながらまつげや肌にやさしいフィルムタイプマスカラならば日常使いをすることもできます。にじみには強いのですが、洗い流すときにはお湯で簡単に落とせることから普通のマスカラと変わりなく使うことができますので、フィルムマスカラに変えてみるというのはおすすめの方法です。

もし、使い慣れているマスカラから種類を変えたくないという場合には、トップコートマスカラを使ってマスカラを上からコーティングすることでもにじみを防いでパンダ化を防止することができます。トップコートならいつもと同じようにマスカラを塗った上から塗るだけですので、それまでのマスカラの仕上がりと変わりなく使用することができます。

また、単純にマスカラの種類を変えるだけでもにじまなくなる場合もありますので、是非色々試してみてください。

まつげを痛めずに上手にマスカラをオフするコツをご紹介

クレンジングで綺麗にメイクを落としたつもりが、ふと気づいてみるとまつげにまだマスカラが残っている感じがするという人はいませんか?ちょっとくらい残っていてもいいかと甘くみている人も多いかもしれませんが、肌やまつげの健康のためには、一日の終わりにアイメイクをしっかりと落としてあげることが必要です。

みなさんはアイメイクをオフする時に、どんな方法でクレンジングをしていますか?ここでは特にマスカラに的をしぼって、まつげを痛めずにマスカラを上手にオフする方法をご紹介します。

まず、クレンジングの方法として一番多いのは、手にクレンジングを取り全体的に顔に馴染ませて洗い流すという人ではないかと思います。しかし、このクレンジング方では、残念ながらマスカラはしっかりとオフできていないという人がほとんどです。最近のマスカラは専用のリムーバーなどを使わなくても簡単に落とせるものが増えてきてはいますが、アイメイクはやはりアイメイクを落とすことを意識してクレンジングをしなくてはしっかりとは落とすことができませんので注意をしてください。

まずは自分の使っているマスカラの落とし方をしっかりと考えて見ましょう。まず、ウォータープルーフのマスカラを使っている場合には、これは専用のリムーバーでなくては落とすことができませんので、専用のリムーバーを使いましょう。ウォータープルーフのマスカラを使っているにも関わらず、普通のクレンジングでしか洗っていないという人もいますが、それではまつげに落ちきらないマスカラが積もっていくことになりまつげに相当な負担をかけます。ウォータープルーフのマスカラを使っている人は必ず専用のリムーバーを使ってください。

それ以外のマスカラを使っている人でも、マスカラには商品によってオフしやすいものとそうでないものがありますので、自分の使っているマスカラがどうなのかについてはしっかり観察をするようにしてください。

基本的なクレンジングの方法としては、オイルタイプのクレンジングを使うのがおすすめです。マスカラをしっかりと塗っている場合にはジェルやクリームタイプでは十分に落とせない場合があります。オイルクレンジングをしっかりと目元に馴染ませ、まつげ一本一本を毛の流れに沿ってなでるようにして丁寧に洗いましょう。そして、目元以外の部分にもクレンジングを馴染ませて少し時間を置いてから洗い流します。目元をクルクルをまわすように洗う人がいますが、まつげが抜ける原因になることもありますので、毛の流れに沿ってなでるように洗いましょう。

これで落ちにくい場合には、コットンにクレンジングを含ませてまつげの下からあて、更に上から麺棒でやはり毛の流れにそってなでるようにしてオフする方法もあります。

まつげのためにもマスカラはしっかりとオフしてあげるようにしましょう。

マスカラブラシの形を比較!!こんなまつげはこのブラシで作ろう

マスカラでアイメイクをした時に仕上がりを左右するものの一つに、マスカラのブラシの形状の差というポイントがあります。マスカラを選ぶ時には、マスカラそのものの性能にばかり気をとられがちですが、実はブラシの形状によってマスカラの仕上がりは大きく変わりますので、ブラシにもこだわってマスカラを選ぶようにすると、より理想のアイメイクに近づけることができます。

マスカラのブラシの形状には、大きく分けて5種類の形があります。メーカーなどによって細かい差はありますが、大まかにこの5タイプの特徴を抑えておけば、だいたいは5タイプのどれかに順ずる形になっていますので、参考にしてください。

まず、オーソドックスな形がアーチ型になっているブラシです。ブラシの形が扇方のまつげの形状に沿うようにアーチ型になっています。マスカラのブラシの中では一番多い形状だと思います。このタイプはまつげの長さを出したい時や、カールを強調したい時には使いやすい形状のブラシです。上まつげにも下まつげにもオールマイティに使えるタイプです。

アーチ型によく似た形ですが、ブラシ部分が極太になっている極太タイプのブラシというのもあります。まつげの扇方に沿うようにアーチ型になっているところではアーチ型とよく似ているのですが、アーチ型に比べてブラシの毛の量も多く、全体的に太いブラシがこの極太タイプです。ボリューム感を出したい時にはこの極太タイプが効果的なのですが、このタイプは下まつげには使いにくいという弱点もあります。

次がひょうたん型タイプです。ブラシの形状がひょうたん型になっていて、真ん中がくぼんだ形になっています。まつげの左右を持ち上げるようにしてカールを出しながら長さを強調していくようなメイクには使いやすい形状といえます。ひょうたん型の先端部分だけを使って細かいニュアンスを出すなど、下まつげや細かいニュアンスメイクにも使用できます。

ここからは毛がないタイプです。コームタイプは、名前の通りブラシではなくマスカラがコームの形になっています。まつげを一本一本に開かせることができ、ダマになりにくいためパッチリとしてまつげをつくることができます。まつげを一本一本綺麗にカールさせて開かせることができますが、ブラシタイプに比べてなれるまでは使いづらいという人もいます。コームが大きいと下まつげには使いにくい弱点もあります。

最後がコイルタイプです。こちらも毛なしで、マスカラの先がコイル型になっています。コームタイプ同様にまつげ一本一本にマスカラをのせて細かいメイクができ下まつげにも便利に使えますが、ボリュームをだしたい場合にはあまり向かないタイプです。

自分の好みのアイメイクに仕上がるように、最適な形状のものを選んでみてください。

トップコートマスカラでマスカラメイクを一日中綺麗にキープしよう

ネイルであれば、マニキュアを塗った後にトップコートで仕上げをしているという人は多いと思うのですが、マスカラにもトップコートがあることをご存知ですか?トップコートマスカラを使用するのは、ネイルの時と同じ感覚です。塗ったマスカラを保護して持ちをよくし、また綺麗な状態をキープするための仕上げとして塗るという意味があります。

トップコートマスカラはほとんどの場合透明で、いつも通りマスカラを塗った後に軽く乾かしてから仕上げとしてトップコートマスカラを塗ります。ネイルの仕上げにトップコートを塗る時と、使い方としても同じようにイメージしてください。

透明なのであれば、透明マスカラとは違うの?と思う人がいると思いますが、透明マスカラとは機能が全く違います。透明マスカラの場合には文字通り、ただ透明のマスカラですので、普通のマスカラの透明版です。色つきのマスカラだと目力が出すぎてしまう人や、仕事がらあまりアイメクができないという人がアイメイクをナチュラルな仕上がりにしたい時には便利なアイテムです。しかし、トップコートマスカラの場合には、この透明マスカラとは持っている機能も使う意味も違っています。

トップコートマスカラの機能として一番重要なものは、マスカラをにじみにくくすることです。マスカラを使ってアイメイクをしている人ならば、マスカラのにじみが気になるという人は多いことでしょう。耐水性のあるマスカラはありますが、耐水性のある専用のマスカラを使うのではなく、あくまで自分のいつも使っているお気に入りのマスカラを使った上でにじみにくくしたいという希望をトップコートマスカラならばかなえてくれます。トップコートはマスカラを上からコーティングし、にじみにくくする効果があるのです。また、マスカラを塗ってまつげをメイクしても、時間がたつうちにカールが下がってきてしまうという人がいます。トップコートには、このカールをキープする機能もあり、朝仕上げたカールをその日一日キープするサポートをしてくれます。

マスカラだけではカールが一日維持でいないという人もトップコートを使うことでカールのサポートをすることができるのです。

アイメイクにワンステップ加えるだけで、メイク直しの手間が省けて一日綺麗にまつげをカールさせておくことができます。ワンステップ加えることが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、にじんだり、カールがだれてしまったまつげのメイク直しにはかなりの手間がかかりますので、その手間がはぶけることを考えれば決して面倒なものではないのではないでしょうか。

トップコートマスカラを使ったことがないという人は、まずは一度試して、使わない場合との違いを比較してみてください。

ウォータープルーフに変わる新タイプはフィルムタイプマスカラ

マスカラは汗や水分に弱く、スポーツをする時や水に入るようなときには流れ落ちてしまうという弱点があります。それを克服し、水に強いマスカラとして長年人気になっていたのがウォータープルーフのマスカラでした。ウォータープルーフのマスカラならば水に塗れても簡単に流れて落ちてしまうことはありませんので、運動をする人や海水浴に行く時など、水にぬれる機会がある時にはとても便利なものです。実際に水に塗れてもカールが長持ちしますし、目の周りが真っ黒になってしまうということもほとんどありません。

しかし、このウォータープルーフにも弱点はありました。まず、オフする際には専用のリムーバー以外ではオフすることができない点です。水にぬれても落ちない代わりに、いざ落とそうと思っても落ちづらく、まつげへの負担も大きかったのです。また専用のリムーバーによる肌への負担も問題でした。さらに、ウォータープルーフマスカラは水には強いかわりに油ではにじみやすく、皮脂の多い肌タイプの人が使用した場合にはにじみやすいという弱点もあったのです。

そこで、ウォータープルーフに代わって、水に強いマスカラとして注目を集めているのが、フィルムタイプマスカラです。フィルムタイプマスカラとは、マスカラを塗った後に乾かすとまつげの表面に耐水性のフィルムができ、水に塗れてもにじみにくいというタイプのマスカラです。ウォータープルーフに比べてまつげや肌への負担が軽く、さらには専用のリムーバーなどを使わなくてもお湯で簡単に落とすことができるのが特徴です。ウォータープルーフのマスカラがなかなか落ちないためにゴシゴシ洗っているとまつげが抜けてしまったという経験がある人もいると思いますが、フィルムタイプのマスカラは簡単に落ちますのでそうした苦労やトラブルもありません。

つけ心地が軽い分、これまでのウォータープルーフにくらべると若干カールをキープする性能に劣る部分もあるのですが、それを補ってあまりあるだけの使い勝手のよさから、耐水性のあるマスカラとしてはこのフィルムタイプが人気を集めるようになっています。

簡単にお湯で落とせるマスカラで本当ににじみにくいのかと不安に感じる人もいると思いますが、乾くと耐水性のフィルムを作るという性能は確実で、汗やちょっと水に塗れたくらいではビクともしないので安心です。

また、これまでは日常使いのマスカラとウォータープフールのマスカラは使用する場面を確実に区別しているという人が多かったと思いますが、フィルムタイプマスカラは使用感が軽く落とす際にも手軽なことから日常使いのマスカラとして使用している人も好くなくありません。

日常使いのマスカラをフィルムタイプマスカラにしておけば、急に汗をかいたり、雨に塗れたり、涙を流すような機会があったとしてもマスカラがにじんだりで目の周りが真っ黒になるなんていう心配は必要なくなります。

諦めないで!!乾燥したマスカラは簡単な方法で復活します

毎日アイメイクをするという人であれば、マスカラが乾燥してしまうという機会はそうそうあることではないと思いますが、たまにしかアイメイクをしない人や特別なメイクをする時にしかアイメイクをしないという人もいます。たまにしかアイメイクをしないという人の場合、いざ使おうと思った時にマスカラが乾燥して固まってしまっていたということは実はよくあるトラブルなのです。

使いたい時にマスカラが固まってしまっている、こんな時にあなたならどうするでしょうか。

実は固まってしまったマスカラというのは、案外簡単な方法で復活します。乾燥がそこまで深刻な状態でなければこの復活技を試していただくだけでその先にしばらくはお使いいただくことができると思いますし、乾燥が深刻な場合でもその日一回分のメイクくらいはなんとか持ち直してもらうことができます。いざという時にマスカラが固まってしまっていて困ったという時には、ぜひこの復活技をお試しください。

では、復活技とは、どんな技かをご紹介します。

まず、マスカラが固まっている状態というのがどういう状態かについて簡単に説明します。マスカラ液はどんなものでできているかというと、顔料、水、ワックス、保存料などでできているのが一般的です。固まっている状態というのは、この中の水分が蒸発してしまい、さらにはワックス、つまり油分が固まってしまったいる状態だと思ってください。

固まったマスカラを復活させる技の一つめは、マスカラ本体を温めることで固まってしまった油分を溶かすことです。コップなどにお湯をはって、そこに少しの間マスカラをつけておいてから使用してみましょう。これによって固まっていた油分がとけて、固まっていたマスカラが粘り気を取り戻します。

また、温めても固まっている状態があまり変化がないという場合には、乾燥が進んでいてマスカラ液に粘り気をだす水分や油分が足りなくなっている状態です。この場合には、もう一つの復活技を試してみましょう。それが、蒸発してしまった水分や油分を足してあげる方法です。

メイク用オイルや、メイク用オイルがない場合にはクレンジングオイルでもかまいません。少量をマスカラの容器にたらしてブラシでよくかき混ぜます。混ぜる前に復活技の一つ目、容器を温めて固まった油分を溶かしておいてから行った方が効果的です。オイルは入れすぎると分離してしまいますので、少量ずつ足して様子を見ながら固まったマスカラを復活させましょう。

また、固まったマスカラを復活させるものとしては、専用の薄め液というのも販売されています。マスカラが固まってしまいがちという人ならば自宅に一本置いておいてもいいかもしれません。

マスカラは固まっても復活できます。買っては固まって捨ててということを繰り返している人もいますが、諦めずに復活業を試してみてください。

マスカラとつけまつげ、理想のまつげに近づけるならどっちを取る?

毎朝のアイメイクに時間を取られて、アイメイクが手軽にできる方法ってないの?と試行錯誤している女性は多いのではないでしょうか?また、アイメイクは女性にとって顔の印象を左右する非常に大切なものですね。アイメイクの出来が悪い日は、なんだか気分が乗らないなんていう人も少なくないのではないでしょうか。

そんな方の中には、つけまつげにすれば、もしかするとアイメイクが手軽に出来るようになるのかも?っとつけまつげへの関心が高い方もいるようです。そこで、ここではつけまつげを使用する場合とマスカラでアイメイクを行う場合のメリットでデメリットを比較してみたいと思います。

まずは、つけまつげです。つけまつげのメリットは、まつげのカールなどは固定されているものですので、つけまつげをつけることに慣れれば毎日同じカールのアイメイクを作ることができることす。汗や涙でにじんでしまうこともなく、一日中おなじカールを維持することができるのは大きなメリットです。また、自分のまつげの長さが短かったり、ボリュームがないという人でもつけまつげならば長さやボリュームの調節が自在にできますので、マスカラではでいなかったデザインを作ることもできます。つけまつげは根元部分がついているため、アイラインの効果もあり上手につければアイメイクの手間は大幅に省けることになるでしょう。

ではデメリットはというと、きれいにつけられるようになるには慣れが必要ではじめのうちはマスカラの方が楽だと感じる方も多いところです。また、ノリで装着するために肌が弱い方は使えなかったり、かぶれてしまう方がいるのも問題な点です。費用面でもマスカラに比べればつけまつげはほとんど使い捨てになりますので費用がかかります。ただし、通販などで安いものを大量に購入すればそれほどの費用負担がなくつけまつげを利用できる方法もあるようです。

一方のマスカラはというとメリットは一度購入すれば長く使えるものも多く、リーズナブルで誰でも手軽に楽しめるアイメイクである点です。つけまつげに比べればはじめてマスカラを使うという人でも特別なテクニックが必要なわけではなく、基本的な使い方なら誰でも簡単に使うことができます。

また、つけまつげとマスカラを併用して使う人もいます。つけまつげを使ってカールを作り、つけまつげと自分のまつげを馴染ませてカールを自然に見せるためにマスカラを使うという方法です。ビューラーとマスカラだけでカールもボリュームも作りこんでいくよりは、慣れればアイメイクの手間が省けます。

どんな方法が自分にあっているかは個人差があると思いますが、自分にあうアイメイクはどんな方法なのか、メリットをデメリットを比較して検討してみてください。

■ お勧めサイト

美しくあり続けるためには本当にお金がかかりますよね、→のサイトならいざこまった時にも助けてくれますよ!http://cashinget.com/マネーさん!
池のレイクとはまた違います。どうしても資金難になったときにレイクは半年無利息で貸してくれますよ!

このページの先頭へ